初診予約 TEL LINE

腰痛施術 | さいたま市緑区原山 花月接骨院

お問い合わせはこちら

急性腰痛(ギックリ腰)・慢性腰痛

痛み解消即効!花月接骨院式腰痛施術

さいたま市緑区原山の花月接骨院に、急性腰痛・慢性腰痛お任せ下さい!

『羽田野式ハイボルト治療』

『ARM療法治療』

『ショックマスター療法』

『スパイラルテーピング療法』

『微弱電療法』

『スーパーライザー』など

症状に最適な治療方法を行います。

腰の痛みが起こる時の原因は?

『インナーマッスルの機能不全時!』

「負荷がかかりに体に歪みが起こる時!」

「筋・腱・筋膜の滑走障害時!」

※その他内臓疾患による内臓反射痛など

バランスを保ちながら上半身と下半身を連結させ運動する重要な役割がある腰。

ぎっくり腰や慢性腰痛で痛みは『なぜ痛めてしまったか?』の原因解明が『早期回復への施術の鍵』となります。

筋性腰痛と骨性腰痛の大きく2つに分類されますが、支持筋(インナーマッスル)の低下・機能不全が起こり、骨盤の傾きを生じ、運動筋(アウターマッスル)が『攣る・過緊張』に陥り筋膜損傷を引き起こして痛みが発生する事が大きな原因です。筋運動低下に陥り、さらにインナーマッスルが機能しない為、『身体を動かす・支える2つの仕事』を運動筋が全て担う事になり、慢性腰痛・不良姿勢の原因もこれに起因します。

運動筋が体を支持と動かす役割、一人二役を行う事になると運動筋に負荷(コリや炎症)が発生、筋収縮や筋緊張を生じ、骨盤の歪みと傾きの原因となり、筋肉が引っ張られて筋膜損傷を起こし『ぎっくり腰』となります。さらにインナーマッスルが骨盤関節を支持不能に陥り骨盤脊柱に負荷が生じ、『骨性腰痛』と言われる腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症の発症原因となります。

『慢性腰痛』は上半身を支える背骨と骨盤を連結させる骨格筋(支持筋)の中で最も大きい腸腰筋がの機能不全にてアンバランスが起こり骨盤の傾きを生じ慢性腰痛を起こします。また腸腰筋群の緊張が、血液の循環・神経圧迫を引き起こし、関連症状で姿勢の崩れの為頭痛や、冷え性・しびれ・痛みが併発することもあります。

腰痛の治し方は?

さいたま市緑区原山の花月接骨院では、筋肉の状態を検査しながら施術を進めていくことが出来る

『羽田野式ハイボルト療法』

『ショックマスター療法』

『ARM療法』

『スパイラルテーピング療法』

『微弱電療法』

の理論施術で身体の状態を検査し、最適な施術方法を選択します。

腰痛は、不良姿勢・血行不良・神経放散痛などはどこから?と原因を突き止めるのが最重要です。

インナーマッスルが原因の腰痛施術は、

『羽田野式ハイボルト施術』

『ショックマスター療法』

『ARM療法』

神経放散腰痛・アウターマッスル腰痛は

『ARM療法』

『スパイラルテーピング施術』

『微弱電療法』

その症状に合わせ施術を行います

腰痛を劇的に改善させる腰痛治療

『羽田野式ハイボルト療法』クリック

羽田野式ハイボルト療法回数は?

急性ギックリ腰・慢性腰痛症・分離症など状態によりますが、1回目の施術で『あっ!』と改善に驚いて頂けると思います。

痛みの消失まで3~5回の施術、その後再発防止の為の経過観察施術を3~5回程度とお考え下さい。

その後、腰痛対策・腰痛予防の治療として

ARM整体療法

インナーマッスルトレーニング

を施術しながら、痛みの出ない体のコンデションをいい形を作っていく施術も可能。

ギックリ腰や腰痛予防と対策は?

花月接骨院ではギックリ腰や腰痛予防対策として、

1.インナーマッスルトレーニング

2.セルフ体幹トレーニング指導

3.セルフストレッチング指導

4.日常生活(仕事時)での良性姿勢指導

5.就寝時の良性姿勢指導

10年先も腰痛で困らないをご提案!

本気で腰痛対策のご相談をしたい方は、 当院までお気軽にご相談下さい