初診予約 TEL LINE

足の裏の痛み(足底筋膜炎)/さいたま市花月接骨院 | さいたま市緑区原山 花月接骨院

お問い合わせはこちら

足の裏の痛み(足底筋膜炎/足底腱膜炎)

足の裏の痛みは『さいたま市 緑区 原山の花月接骨院で足底腱膜炎の施術』で解決!

『ショックマスター療法』

足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎の原因は、『踵の骨から足の指の付け根に付着する足の裏のアーチを形成する筋肉に負荷がかかってしまった事』です。足の歩行バランス・歩行姿勢・普段履く靴の選択・仕事での足の裏の痛み・スポーツでの足の裏の痛み・姿勢不良・さまざまな原因が足底筋膜炎を引き起こします。さらになかなか足底筋膜炎が治らない原因として、『姿勢の崩れ(インナーマッスルの低下)による膝のO脚変形姿勢』も大きく関与しており、腸脛靭帯炎、鵞足炎、足底筋膜炎、外反母趾を発症してくる原因となります。さらに悪化(炎症や足底筋の緊張が強くなる)と歩行時でなくても夜間痛・常時痛が出現してきます。

足底筋膜炎の足の裏の痛みは、上記の様に複雑な原因が絡まり、結果的に足底筋膜炎を発症し治りにくい根本原因となっています。

・アウターマッスル系の全身運動を急に始める

・肥満化(ロコモティブシンドローム)

・体幹のインナーマッスルの低下(姿勢バランス不良化)

・靴のアーチの不具合(ハイアーチ・偏平足・外反母趾)

・足底筋の過緊張からくる踵の骨の骨棘化

これらが大部分の足底筋膜炎の原因といえます。

通院期間(回数)の目安

さいたま市 緑区 原山の花月接骨院では、患者様の足底筋膜炎の原因の仮説を立て、他院では受けれない最新施術をします。

施術期間の大まかな目安は、週1~2回の通院で5~10回程度(症状程度による)の施術予定回数となります。当院は駐車場12台完備、お車で遠方からお越しの患者様もご利用下さい!

初診の方は、ご予約をお願い申し上げます。

足底腱膜炎のご相談

このようなお悩みはありませんか?

・足の裏に痛みがあるのに、原因がわからない

・病院や接骨院で治らないと言われてしまった

・足底腱膜炎を解消していきたい

・足の裏の痛みが出たり出なかったりする

花月接骨院では、足底腱膜炎の原因の仮説をたて、施術を開始します。
通院していてもなかなか治らない、病院の対応も湿布だけ…といった場合、さいたま市 緑区 原山の花月接骨院までご相談下さい。

なぜ足底腱膜炎がなかなか良くならないのか?

足底筋膜炎が慢性的に続いていてなかなか治らない場合、考えられるのは、「あなたの足底筋膜炎の原因が不明のまま施術している」からです。

足底筋膜炎には必ず原因があります。
その原因が解消されれば、基本的には足底筋膜炎は改善していきます。
足の裏には様々な腱や筋肉があります。立つ・歩く・走る・座るなど様々な動作要因の中で足底筋の動きが悪くなり、放置すると足底筋腱だけではなく、下腿部筋・大腿部筋・臀部筋・腰筋まで影響を受けて、上下関節筋・骨格が崩れとても治りにくくなることに繋がります。

つまり原因となっている筋緊張や体のバランスを整え、患部の炎症を取り除けば、痛みの解消に至る訳です。

他院と違う花月接骨院の施術とは?

『ショックマスター』👈詳しくはこちらをクリック

『羽田野式ハイボルト』👈詳しくはこちらをクリック

を主軸に

・『ARM整体療法』

・『スパイラルテーピング療法』

・『微弱電療法』など

なかなか治らない足底筋膜炎の施術は当院へお任せ下さい。