MENU
送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
初めての方へ 料金

院内設備のご案内

『ショックマスター』 ※圧力衝撃波療法

慢性疼痛で悩むお客様へ、外科的手術やステロイドに頼らない新しい施術の選択肢が出来る施術機器です。

圧力衝撃ははこんな症状に悩む方に最適です
足底腱膜炎・上腕骨外側上顆炎(テニス肘・スマホ肘)・上腕骨内側上顆炎(野球肘、ゴルフ肘)・膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)・肩関節周囲炎(五十肩)・肩の石灰沈着性腱板炎・オスグッド・シュラッター病、ジーバー病などの骨端症・腱鞘炎※ばね指・変形性膝関節症(OA)・etc..
上記のような、なかなか治らない「難治性の慢性疼痛」に適しています。これまでの物理療法機器や、ステロイド注射による施術では一時的に疼痛を取り除くだけで、根本的な施術とはなりませんでしたが、衝撃波施術は損傷した組織の根本的な治癒を目指す施術になります。
診察の結果により、衝撃波施術の適応ではないと判断する場合もございますのでご了承ください。
※ケガをして間もない急性炎症、腫脹や熱感がある部位には禁忌となります。

施術機器(ショックマスター)について

2015年に医療機器として国にその効果や安全性を認められた衝撃波施術器「フィジオ・ショックマスター」を用いて施術を行います。衝撃波施術は「圧力波施術」、または「ショックウェーブ施術」とも呼ばれており、難治性の疼痛や軟部組織損傷に対する先進施術として欧米を中心に世界的に普及しています。

衝撃波には、損傷した軟部組織の回復に必要な正常線維芽細胞の増殖と、コラーゲンの生成を活性化させる働きがあります。
さらに従来では外科手術でしか取り除くことが出来なかった筋・腱の変性や癒着した部分を破壊して新しく正常な組織に再生させるという再生医療としての側面も持ち合わせています。


また軟部組織だけでなく、変形性関節症に見られる骨棘や石灰沈着を破壊する働きも有しており、幅広い部位への疼痛施術に効果が認められています。
衝撃波施術は全身の筋・腱の施術に有効です
首から足底まで、ショックマスターの施術部位は全身の筋・腱の施術に有効です。ショックマスターによる圧力波施術法は外科的手術が必要とされたお客様へのもう一つの新しい選択肢となっています。スポーツ障害の改善、スポーツ選手のパフォーマンスアップにも衝撃波施術は有効です



現在メジャーリーグで活躍するプロ野球の大谷翔平選手は、日本ハムファイターズ時代からショックマスターを使用してコンディションを整えています。
副作用もなくドーピングにも当たらない衝撃波施術は、大谷選手のようなトッププロの日々のコンディショニングケアに欠かすことができないものになっています。
野球選手だけでなく、足底腱膜炎に悩む体操選手、サッカー選手やダンサーに多い三角骨障害、バスケットボール選手に多いアキレス腱炎等、長期間痛みに悩まされているスポーツ選手は、ぜひ当院までご来院ください。

ES-4000電気刺激施術器 ※羽田野式ハイボルト療法


☆レントゲンやMRIなどでは分からない神経や筋肉の損傷部位を、施術機器で検査し同時に施術していく事が出来る今までにない施術方法です。
☆羽田野式ハイボルト療法は、特殊な電気知識技術を使い、痛みに対して施術データーを集約、痛みの根本原因を突き止めて、『筋肉の状態の検査を行いつつ施術を進めていく』 施術方法です。

※注意 ハイボルト施術機器=ハイボルト施術機器がある接骨院ですべて同じ施術が出来るわけではありません。羽田野式ハイボルト療法を技術習得している施術院での施術方法が重要となります。
なので、ハイボルト施術は、『日本電気施術協会の認定のハイボルト施術院』で羽田野式ハイボルトの施術をすることが重要となります

施術方法&効果

1 炎症を止める
2 痛みを取る
3 どこが悪いか検査し施術を進めていく
痛めている原因を的確に判断し、炎症を止め、痛みを取る事、検査を目的とし、短時間で効果を出すために、的確に検査&施術をアプローチする施術です。

総合刺激装置ES-530※立体動態波療法

総合刺激施術器ES-530は、立体動態波モード・マイクロカレント立体施術(微弱電療)など異なる方向に3つの中周波を通電し立体的通電できる電気刺激療法です。
お客様一人一人の症状に合わせて、選択出来、さまざまな痛みやリハビリに高い効果を上げます。
筋肉・関節・神経・靭帯に高い鎮痛効果を上げるだけではなく、血流改善し筋肉トレーニング効果も上げる画期的な施術機器です。現在、プロ選手・多種競技オリンピック選手候補で大変な施術効果をあげています。

微弱電流ソーマダイン・アクシー※マイクロアンペア刺激療法


微弱電流とは、細分化されたマイクロアンペア電流を負傷部位に流し、損傷している細胞組織の電子配列のバランスを整え、人間が持つ本来の修復治癒能力を促進させる施術です。
強度の肩の筋肉緊張(こり)の施術や、腰の痛み(慢性・急性)の施術に使用しています。
またスポーツ全般による反復性の筋肉の痛みや損傷に使用しています。
人間の細胞内のエネルギー源のほとんどは、アデノシン三燐酸(ATP)という物質によって供給されています。
何らかの原因で細胞が損傷を受ける(怪我をする)と、その部分の組織からのアデノシン三燐酸(ATP)の要求度が急激に高まり、生成が追いつかない不足した状態になってしまいます。
そうすると人間の体は自然治癒能力が働き、正常組織から微弱な電流が流れ自己修復していきます。
その微弱な電流を「ソーマダイン」は人工的に作りだします。
微弱電流は、特殊な交流の脈波(周波数変調多重周波)で、アデノシン三燐酸(ATP)合成、アミノ酸輸送及び蛋白質合成の増大をもたらすイオンチャンネル電流を増大させ、損傷部分の早期快復を促す効果があります。

適応疾患

・筋肉、靭帯の硬結、緊張緩和・外傷による炎症鎮静・腫脹軽減・打撲・寝違え・ぎっくり腰・捻挫・自律神経の調整など

スーパーライザー ※近赤外線レ-ザ-療法


「スーパーライザー」は、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に照射できる光線施術器で、その効果はペインクリニックをはじめ各科で認められ、さまざまな医療現場で幅広く利用されています。
幅広い波長帯を有する複合波長であるため、深い患部まで確実に到達し、心地よい温感とともに複数の波長帯に係る生体効果が期待できます。

適応疾患

全  身:冷え症、絞扼性神経障害、複合性局所疼痛症候群(CRPS)、眼精疲労、帯状疱疹、アトピー性皮膚炎、突発性難聴、顔面神経麻痺、帯状疱疹後神経痛、アレルギー性鼻炎(花粉症)、自律神経失調症など
整形外科疾患:頚椎症性神経根症、頸肩腕症候群、椎間板ヘルニア、外傷性頸部症候群、胸郭出口症候群、テニス肘、腱鞘炎、捻挫・骨折・腱鞘炎・靱帯損傷などによる疼痛、関節炎、リウマチ、筋肉痛、腰痛、肩関節周囲炎、顎関節症、など
1週間に2回以上、照射施術を合計4週間から5週間続けるとよい効果がでるようです。

高気圧高濃度酸素カプセルSIGMA ※高気圧高濃度酸素カプセル療法



1.1~1.3気圧の高気圧下を作り出し、高濃度酸素を体内に取り入れ『溶解型酸素』の力により、体にさまざまな効果を生み出します。
私達の生活をしている環境で、大気圧は1気圧、酸素濃度は約21%(20.9%)です。人が取り込む酸素は大きく分け2種類あり、赤血球中のヘモグロビンと結合し体中に運ばれる『結合型酸素』また少ない割合ですが、ヘモグロビンと結び付かず、血液やリンパ液に溶け込む『溶解型酸素』があります。
この少ない割合の『溶解型酸素』を体内に増やすことにより、人体の約60兆個にも及ぶ細部まで活性化させ筋肉・肝臓・心臓・脳神経細胞に多い『ミトコンドリア』に十分な酸素を供給することで、人の生命活動の根源エネルギーである「ATP(アデノシン三リン酸)」の合成を高め、怪我の早期回復・体調不良(疲労回復・頭痛・眼精疲労等)・体調調節(コンデショニング作り)・リラクゼーション、ダイエット、美肌効果、などの効果が期待出来るのが酸素カプセルです。

効果

ケガの早期快復・疲労回復・アレルギー症状の低減・肩コリ(筋肉のコリ)の解消・アンチエイジング・面泳力の向上・集中力(やる気)UP・ダイエット・美肌・睡眠不足解消・二日酔い解消・運動能力の向上など
詳しくは、当院HP『酸素カプセル』をご参照ください。

オルソトラックセディア ※最新型牽引施術


オルソトラックけん引施術器は、寝たままの姿勢で、従来の座位姿勢での頸椎牽引より、筋緊張の少ないリラックスした状態で頸椎牽引が可能、そして腰椎牽引は、腰部固定をけん引し、エアーマッサージ効果(腰部)にて、リラックス状況で施術を受ける事が出来ます。
当院のけん引施術器は最先端機器で、頸椎・腰椎の施術を行う事が出来ます。

クワトロマーノ ※4ノズル式水圧マッサージ施術 

 

クワトロマーノ施術とは

『水』本来の流体特性を、手技療法に応用し『さする』『こねる』『もむ』『おす』『なでる』『たたく』『のばす』を再現し、最新型のウォーターベットならではの、浮遊感に抱かれながら安らかの音楽とともに全身の筋肉・関節へリラクゼーションのやさしさを求めたマッサージ施術です。

フィジアス ※干渉中周低周波施術

 
   
低周波・中周波・干渉波という3種類の電気エネルギーを融合した最新機器は、負傷箇所、施術部位に不快感なく十分に刺激を与え、筋細胞を活性化、また血液循環を改善させ、さらに筋肉の緊張緩和・痛みを緩和させることが出来ます。当院では主に、筋肉損傷・関節損傷の痛み除去に使用しています。
従来の吸引型電気施術器より、皮膚に吸盤の跡がつきにくい最新施術器です

ダイナウェーブ ※低周波療法

  
ダイナウェーブホット低周波電気療法とは?
ダイナウェーブホット低周波電気療法とは、施術部位に対し『活性』・『鎮静』・『中和』の中から最適な施術モードを選択し、通電させることにより生体に動的作用をあたえ、血流の改善・細胞の活性化・バランス改善・麻痺等の効果とそれによる鎮痛効果をもたらし、治癒の促進させることが出来ます。
ダイナウェーブとは、電気施術の原点である直流に近付けた施術機器です。

効果

活性作用 電位依存性-電極の効果(細胞の興奮)
通常の出力パルスに対して、12秒周期で不連続に30%の増加刺激を行い、マヒ細胞を刺激し生体の活性化を促進します。
鎮静作用 電位依存性+電極の効果(麻痺)
通常の出力パルスに対して、12秒間周期で不連続に800~2000Hzの周波数変調を行い、深部刺激と広範囲に刺激を伝道し、痛みの伝達神経周囲の神経をマヒさせることにより、短期間に痛みのゲートコントロールを行い、生体を鎮静化します。
中和作用 機械的依存性(マッサージ効果)
通常の出力パルスを周期毎に+側・-側で交互に出力し、マッサージ効果を求めます。

 

スパイラルテーピングOT-03 ※スパイラルテーピング療法

 
スパイラルテーピング療法とは、体のアンバランスにより起こる関節や筋肉の腫れ痛みなどに対して、スパイラル(らせん・渦巻き)状のテーピングを施すことにより、体全体のバランスを無理なく整え、痛みを軽減もしくは消失させる施術方法です。
このシステムは、基本判定結果より384通りに分類します。これに8つの療法の判定を行い、加えて局所のテーピングの処置法は100以上あります。これは一人のお客に対する処置法が最大30万通りになります。ゆえに、この方法で検査処置として、変化がみられなかったり、激痛という症状が現れた時は、医師による精密検査が必要になります。基本検査から、その人・その人に合う処置を自動的にコンピュータが検査ナビゲートを行い、的確な施術処置をすることが可能となります。

ハイドロタイザー ※温熱療法

ハイドロタイザーホットパック療法とは、筋硬結及び拘縮部位等を気持のよい温度で温める施術です。
これにより、血流改善及び筋緊張緩和等の効果が期待されます。
ケガの拘縮関節筋・施術患部筋の周囲を温めたり、直接施術患部を温めたり、さまざまな症状に応じて使用しています。

当院へのアクセス情報

所在地〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山4-6-3
電話番号048-883-1117
駐車場専用駐車場6台・提携駐車場6台有り
予約予約不要。初診時のみ電話予約可
休診日日曜・祝日
院長群馬 文佳