初診予約 TEL LINE

四十肩・五十肩の痛みならさいたま市花月接骨院 | さいたま市緑区・さいたま市南区・浦和区 花月接骨院

お問い合わせはこちら

四十肩・五十肩の痛み

四十肩・五十肩など肩関節周囲の痛みはさいたま市緑区の花月接骨院!

四十肩・五十肩の正式名称は『肩関節周囲炎・インピンジメント症候群』と呼ばれています。四十肩と五十肩の違いは痛みが出た年齢の違いだけで、症状はほぼ同じ症状です。

『着替える時に腕が上がらない』

『急に肩が痛くなった』

『首や肩が凝る・しびれる』

などは、もしかしたら発症のサインかもしれません。

年齢・使い過ぎ・ホルモンバランス・首こりが原因と言われる四十肩・五十肩は、急に肩が上がらなくなったり激痛や慢性の可動制限と痛みを有します。40代・50代に発症する確率が高いこと、自分で回避する事が極めて困難な症状ですが、発症リスクの軽減・発症した時の早期快復として、体の姿勢を前もって改善してあげる事が予防の為にとても重要と言えます。

40肩50肩の痛み、回旋腱板炎の痛み・インピンジメント症候群に対して、さいたま市緑区の花月接骨院は、痛みを劇的に改善する『羽田野式ハイボルト治療』『ショックマスター治療』を主軸に早期快復施術をします。

特に、大谷翔平選手の秘密兵器と言われる圧力衝撃波治療『ショック・マスター』世界65か国で認められた施術方法で、癒着性肩関節周囲炎(40肩・50肩)の新しい治療法で施術します。

四十肩・五十肩は、肩関節内の滑液包炎・石灰沈着・腱板損傷・癒着・筋硬結・自律神経系・ホルモンバランス・原因不明症状と大まかに分類されます。症状は全て『肩関節の可動制限・痛み』です。回旋腱板と呼ばれるインナーマッスルの柔軟性を改善させる為には、しっかり検査をしながら治療を行う事が、早期回復の為に必要です。

四十肩・五十肩が発生しやすい人の条件

四十肩・五十肩の症状を発症しやすいと言われるケースは、肩を酷使する仕事や運動・猫背姿勢・巻き肩姿勢・不規則な生活習慣・寝不足・偏った食事・ホルモンバランスの崩れ・肩こり・肩関節周囲の血行不良・ストレス・インナーマッスルの低下などと推定されています。

四十肩・五十肩の対処法

四十肩・五十肩にかな?と思ったら出来るだけ早めのご来院をお勧めします。自宅療法や様子見では、時間経過で肩関節の癒着が余計に進んでしまうと、元の状態に回復するまでに時間がかかる可能性があるからです。

『激しい肩の痛みの四十肩・五十肩突然起きた時』

痛む肩を三角巾などで安静を保持。※薬疹等の心配がなければ、市販の痛み止めを利用するもの鎮痛効果を促す一つの方法です。急性症状は、しっかり施術すれば、ほとんどの場合2週間程度で何ともなかったような状態になります。こじらせてしまったりすると、肩が上がらないという慢性症状に移行する事があります。

『だんだん肩が上がらなくなり、徐々に痛みが出てきた時』

早い段階での施術開始をお勧めします。肩関節周囲筋の血行が阻害されると痛みが強くなることもあり、癒着が進行すると完治まで半年~2年の時間を要するケースもあります。注意点としては、発症する前に、転倒や肩を強く捻るなどした場合、腱板損傷をしている事もあります。このようなケースはMRI検査が必要になる場合がありますのでご注意下さい。MRI検査が必要な場合、当院で連携病院をご紹介させて頂きますのでご相談下さい。

治療方法のご案内

クリック⇒『羽田野式ハイボルト療法』

クリック⇒『ショックマスター療法』