LINE 初診予約 TEL

脊柱管狭窄症 | さいたま市緑区・さいたま市南区・浦和区 花月接骨院

お問い合わせはこちら

脊柱管狭窄症

こんな症状はありませんか?

このようなお悩みがあれば、お早めにさいたま市緑区・南区・浦和区の花月接骨院までご来院ください!

脊柱管狭窄症の代表的な症状といえば、歩行時、足にしびれや痛みが出ることです。

休憩すると楽になりますが、歩行を再開するとまたこわばってくる…の繰り返しです。

脊柱管は椎骨と、椎骨をつなぐ黄色靭帯や椎間板で構成されています。

その内側には、脊髄の神経が通る脊柱管があります。

脊柱管狭窄症とは、その脊柱管が狭くなっている症状です。

50歳代から少しずつ増え始め、60、70歳代に多く見られます。

ご年配のお客さんのうち、10人に人が脊柱管狭窄症を患っているといわれています。

病気や作業の負担により、背骨が変形すると脊柱管が狭くなってしまいます。

中の神経が圧迫され、血流が悪化して腰や足の痛んでしびれに繋がるでしょう。

圧迫される神経によっても、症状の出方は変わってきます。

花月接骨院でも脊柱管狭窄症の施術に対応しているので、お気軽にご相談ください。

脊柱管狭窄症になる原因は…

脊柱管狭窄症は、加齢に伴い組織が変形することによりなるといわれています。

神経付近にある椎間板が膨らみ、脊柱管の後ろ側にある黄色靭帯が厚くなってきます。

骨がトゲのように変性し、神経が圧迫されます。

腰椎の位置がずれると、腰椎変性すべり症が起こりやすいです。

椎骨の間に椎間板がはみ出る「ヘルニア」になるリスクも出てきます。

ほかにも骨粗しょう症のリスクにつながるなど、脊柱管狭窄症を放置していると健康に悪い影響が出やすいのです。

脊柱管狭窄症の施術

花月接骨院では、薬や手術療法はとりません。

神経の血流を改善し、しびれや痛みを減らしていきます。

コルセットを装着すると楽になることもあります。

脊柱管狭窄症の予防法

今後脊柱管狭窄症にならないように予防することは、ご年配のお客さんにとっては特にきついです。

というのも、加齢に伴い筋力が落ちやすいからです。

しかし反対にいえば、筋力を鍛えていれば年齢に負けず、脊柱管狭窄症を予防できるのです。

筋力が落ちないように適度な運動を日常的にしましょう。

腰にきつい負担を与えないような姿勢も意識します。

当院だけの6つの特徴

完全予約制で待ち時間なし
予約優先制(痛みの強い症状は随時対応) TELでも予約システムでも受付対応可!
骨盤矯正・産後骨盤矯正に自信があります
ARM療法認定花月式骨盤矯正・産後骨盤矯正 30年の実績&経験
ベビーカーでそのままご利用頂けます
お子様連れのママ&パパもお気軽に!子供4人と犬1匹の子育て経験あり
交通事故の怪我に強い。予約制で夜22時迄受付
交通事故の怪我に強い。予約制で夜22時迄受付 保険会社にしっかり対応
プロスポーツ選手が愛用する最新の医療機器を完備
プロスポーツ選手が愛用する最新の医療機器完備 酸素カプセルを始め驚きの設備!
一歩進んだ提案型のカウンセリング&施術
患者様納得のカウンセリング&施術  プログラム型の治療ではなく貴方に合う治療をご提案!