MENU
送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
初めての方へ 料金

肩関節周囲炎

さいたま市 緑区 原山の花月接骨院では肩関節周囲炎にも対応しています

このようなお悩みはありませんか?

・肩が痛くて重いものを持ち上げられない
・肩に慢性的な痛みがある
・肩が重い、だるい
・肩関節の動きが鈍い

上記のように肩に異常があれば、ぜひ一度さいたま市 緑区 原山の花月接骨院までご相談ください。
当院ではさいたま市 緑区 原山の花月接骨院についての施術にも対応していますので、お気軽にご来院ください。

なぜ肩関節周囲炎が起きるのか?

肩関節周囲炎の真の病態解明は進んでいません。
一般的に肩関節周囲炎は、50代を中心とする40~60代の中年の方に多く見られる症状です。
肩関節周囲炎は肩関節を構成する組織が老化していき、炎症が発生することによって起こります。

炎症が起きる事で、肩関節の関節包が狭く小さくなってしまうのです。
この年齢の2%にあたる人たちが、肩関節周囲炎になりやすいです。
年齢に応じて、四十肩や六十肩と呼び方が変わるケースもあります。

症状は肩関節の運動痛と夜間の痛みを特徴として、ひどくなると肩関節の動きも悪くなってしまい、肩関節拘縮(こうしゅく)や凍結肩(Frozen Shoulder)と言われる状態になってしまいます。

注意!肩関節周囲炎の裏に隠れている病気

肩関節周囲炎とは一般的に、「五十肩」という名前で呼ばれている症状です。
肩が痛くなって動かせなくなる症状で、「五十肩」と呼ばれることもあります。
五十肩の多くは自然治癒していきますが、たかが五十肩と決めつけて診断しないのはアウトです。
なぜかというと、一週間以上の痛みが続いている時は、「腱板断裂」など施術が必要な病気が隠れている可能性もあり、一度レントゲン検査を受けて正確な診断をつけるべきだからです。

肩関節周囲炎に限定されず、深刻な肩関節周囲炎がある時、凍結肩やデュピュイトラン拘縮といって、手の平の組織が固まってしまう病気も発生しやすくなります。

このように、抗ガン剤をきっかけとして発生する肩関節周囲炎もあるので早期に対処していくべきです。
国民病とも言える肩関節周囲炎に悩むお客さんのためにも、さいたま市 緑区 原山の花月接骨院で早急な対処をしていきます。

当院へのアクセス情報

所在地〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山4-6-3
電話番号048-883-1117
駐車場専用駐車場6台・提携駐車場6台有り
予約予約不要。初診時のみ電話予約可
休診日日曜・祝日
院長群馬 文佳