MENU
送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > 骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ > 第5中足骨骨折のご相談 足のケガ

第5中足骨骨折のご相談 足のケガ

2013.09.04 | Category: 骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ

以前から通院されていたお客さんが久しぶりに来院されました。

『あれ?松葉杖ついている。。。』

話をお伺いすると、8/18日曜日に階段から転落して怪我をしてしまい、自宅近くの日曜受付を探し現在通院しているとの事でした。

当院に来院相談されたお話は

1.最初の病院の先生には、骨の癒合が悪いところなので手術を進められる。

2.セカンドオピニオンの総合病院の先生には、『このまま手術しないで治しても問題ない。しかし手術を望むなら手術をしてもよい』

3.最初の病院の先生の9/2の診察では、『ずれが大きくなっているからもう一度総合病院の先生に診察してもらいなさい。・・』

というようなやり取りがあり、本人は『このまま手術をしないで治した方が良いのか。手術をした方が良いのかどちらがいいんですか・・』

との相談でした。※2人のドクターの見解と説明が相違しているためにお客様自身が大きく悩んでしまった事例でした。

また、QOLに関して、本人の悩みは大好きなマラソンや家事に何らかの支障が出てしまいますか?との事もありました。

当院来院時ギブスで固定されている状態なので、患部を直接診ることが出来ず、レントゲン写真もない状態でしたので、現状ではそのお客様の

力になることが出来なかったのですが、

『骨癒合の悪い骨折である話は間違いない点、手術のメリット&デメリット及び保存療法のメリット&デメリット、QOLの説明など』の説明をさせて頂きました。

本当は施術として力になることが出来ればよかったのですがね・・

今後の話として保存療法にしても手術にしても少しでも骨癒合を促進快復を促すために、当院では高気圧高濃度酸素BOXを利用して頂くことになりました。

今後は、ギブス除去後、または術後リハビリなどでお力になりたいと思います。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山4-6-3
電話番号048-883-1117
駐車場専用駐車場6台・提携駐車場6台有り
予約予約不要。初診時のみ電話予約可
休診日日曜・祝日
院長群馬 文佳