MENU
送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
初めての方へ 料金

野球肘(肘の内側の痛み)

野球肘での肘の内側の痛みはさいたま市 緑区 原山の花月接骨院

野球はサッカーの人気と2分割するぐらい多いスポーツです。しかしながら中学部活では野球を知らない顧問(学校きゅおう育樹王仕方がない話なのですが。。。)の指導方法未熟で、前途あるスポーツ少年が肘や肩の故障で、もしかしたらプロ野球選手にもなれた野球選手人生も絶たれることの多い野球。その大きな故障の原因として、インナーマッスルトレーニングの不足・投球姿勢や日常生活姿勢の不良性からくる野球肘・野球肩があるのではないでしょうか?

この肩・肘の症状は現在においてはピッチャーだけでなく、キャッチャー・野手全般選手に非常に多くなっています。特に肘の内側の痛み・肩関節の痛みが野球においては多くの痛みとなっています。この肘や肩の痛みに関しては日常生活動作姿勢が、大きく痛みの悪影響を及ぼしていると気づいていない指導者が多い事です。さいたま市 緑区 原山の花月接骨院は、選手自身や保護者自身に野球肘・野球肩は単なるオーバーユース(使い過ぎではない)と説明をすることから施術を進めていきます。そして痛みのないレベルまでの痛み改善を行います。

身体に歪みを有していたり、軸のブレが多い野球投球フォームは、インナーマッスルがしっかりしておらず、また指導者の指導の基礎がきちんとしていなければ、投球をすればするほど肘の内側の痛み・肩の痛みが自然発生してくる野は当たり前の話です。痛みの症状が固定化されて次第に完治しにくくなる事も当たり前のことになります。当院では、休んでしまうとポジションが失うかもしれない不安が無い様に、野球を続けながらもしっかりと選手と保護者様に痛みの発生のメカニズムを説明し、最先端施術を進めていく事で、遠方からもこっそりとさいたま市 緑区 原山の花月接骨院に訪れてくる。。。その選手ごとの野球スタイルを考慮して野球肘・野球肩の施術を進めていくのが口コミ来院の原因となっているとの事です。当院としての悩みは、施術した選手みんなに甲子園に出てもらいたく、高校野球県予選の時はとても応援に辛い時があります。。。。

さいたま市 緑区 原山の花月接骨院は、勝ち負け悔いのないように選手生活が送れるように痛みの改善を数多く行っています。気になる痛みがございましたら、早めにまずは当院へお気軽にご相談ください!

ご来院時には、ご予約必須です。

埼玉県では8院しか施術の出来ない『羽田野式ハイボルト』←こちらをクリック

埼玉県ではまだ4院しか導入されていない『ショックマスター』

 

当院へのアクセス情報

所在地〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山4-6-3
電話番号048-883-1117
駐車場専用駐車場6台・提携駐車場6台有り
予約予約不要。初診時のみ電話予約可
休診日日曜・祝日
院長群馬 文佳